自分で浮気調査を試みる

自分で浮気調査をしてみる

妻の浮気を考えだしたら、いてもたってもいられなくなった私は、自分で浮気調査をしてみることにしました。

別に妻を信じられなくなったわけではなく、むしろ妻を信じたいからこそ真実をはっきりさせたくなったのです。

それに、こんな風にもやもやしたままでは仕事も手に付きませんし、毎日辛いだけです。こんな時間をずっと過ごすくらいなら、自分で浮気調査をして妻が潔白だという事を証明してしまえばよいと思ったのです。

そんなわけで、私の浮気調査が始まりました。

浮気相手はやはりバイト先にいる

妻は最近家を空けているときはバイト先で働いているか、バイト先の同僚たちと過ごしているかしかありません。

よって、万が一妻が浮気をしているとしたら、浮気相手はバイト先にいると考えるのがごくごく自然です。しかし、ここまではあくまで私の憶測にすぎません。

もし妻がバイト先で浮気しているのだとしたら、何かしらの形でその証拠をつかむ必要があります。

証拠をつかむ

浮気の証拠と言えばいろいろありますが、一番手っ取り早いのはラインやメールです。

個人間のやり取りなので浮気をしている人同士なら、一目で浮気しているという事がわかるやり取りをしているに違いありません。

そこで、妻が自宅にいる間、すきを見て妻のスマートフォンを探ってみることにしたのです。こんなこと今まで経験がないのでかなり緊張しましたが、なんとか妻がお風呂に入っている時を見計らってスマートフォンをチェックすることには成功しました。

しかし、残念ながらパスワードがかけられていてスマートフォンの中身を見ることはできなかったのです。セキュリティという意味でパスワードをかけることはごく普通の行為ではありますが、この時の私には妻が浮気をしているから、スマートフォンにパスワードをかけているのだという風にしか考えられなくなっており、さらに妻に対する疑念は強くなりました。

絶対にラインに浮気の証拠があるに違いない、しかしそれを確かめることはできませんでした。

限界を感じる

妻のラインを覗き見ることが無理だと分かった私は、次に何か浮気の証拠をつかむことができる方法がないか考えました。あと他に考えられることと言えば、妻が浮気相手とホテルや相手の自宅に入るところをとらえるくらいしか思いつきません。

しかし、だからと言って尾行するのは昼間仕事をしている私にはできません。ここで、自分で浮気調査をするということに限界を感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする